Copyright(c)2019.

Rica.all rights reserved.latido7.com

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon

●スタジオ主宰者 哩加

埼玉県出身

19歳でタップダンスを学び始める

後、新田和子氏に出会いフラメンコを踊り始める

メキシコに滞在した際には国立芸術院にて民族舞踊に触れ

後 スペインへ

数々の偉大なアーティストに学び、現地の愛好家たちと触れ合い現在に至る​

contact

​↓

スタジオの名前

ラティードとはスペイン語で『鼓動』を意味します

私が踊りを始めた頃、 『リズムの始まりはこの鼓動だった』と耳にした時から

この言葉は鼓私にとって特別な響きとなりました

鼓動は 誰の中にもある

うまれたときからずっと止まることなく 体の中で刻まれるリズム

​そして この名前をつけました​

スタジオポリシー

ことの始まりは まず一番に 「踊りたい」という思い。

フラメンコにまず触れていただき、少しずつ深めていければと思います

興味から入り、もっと知りたい、踊りたいという思いと共に

時間を積み重ねてゆけばいいと思います

何をどんな風に 自分は感じるのか 

学ぶということは技術的な進歩が求められますが 今、どう感じるか

そういう自分らしさもとても大事にしたいとおもっています

しかしながらフラメンコを踊るための共通言語を探求することはとても大切です

フラメンコには 手拍子(パルマ)、うた(カンテ)、楽器(ギター)、掛け声、景気付け(ハレオ)、おどり(バイレ)

​などの要素があります

踊ることただけではなく そういうものを学ぶクラスも不定期に設けています

西の果て 異国の文化である フラメンコという魂

その伝統に深い敬意を抱き 情熱と謙虚さと共に学び、楽しみましょう

私にとってずっとそうでありこれからもそうであるのと同じように

フラメンコが あなたの足元を照らす一筋の光 でありますように

●発表の場について

1年半から2年に一回という程度で発表の場を作っています

その他 季節ごとのパーティやおさらい会、親睦会なども開催。

会への参加は発表会を含め希望者のみで強制参加ではありません。

​が、舞台を作るということがどれだけ多くの方々の支えの元に成り立つのかを理解し披露させて頂くことの大変さや喜びも経験できる素晴らしい機会ですので、それも学びの一環と考えています